cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

手仕事というほどのこともないけれど

旧暦の新年を迎えても、今ひとつ手仕事の気分が盛り上がらず
毎日ご飯を作って終わっております。去年は美術館や展覧会などの
催しに足を運ぶことが少なかったので、色々出し切ってしまったの
かしら、なんていっぱしの何かのようなことを思っています。
美術館などに足を運んでも、その時は そんなに何かを吸収するとか
感激、感銘するとか、影響されたとか思うわけではなく、
ほぼ「ふ〜ん」ってなもんで終わっているのですが、
きっとその後化学反応を起こすことがあるのでしょう。
最近はいついかなる時もそういった場所は混雑しているので
覚悟を持って出向かないといけないという億劫さも手伝って
外出が尚更、異常なくらい少なくなっております。
イカンイカンということで、今年は充電するぞ。

さて今工房では服地的なものを織るべく糸を紡いで
いるのですが、今ひとつ気分が乗っていませんでした。
私の中ではホームスパンの服地はとにかく地味である、と。
地味であっても素敵に見えるならいいんだけれど・・・
例えばね、シャネルのスーツに使われているようなツイード
が自分でできたら楽しいのになあって。スーツなんて作らないけどね。
で、思いついて以前買った織物の本をめくってみたら ありましたわ。
スウェーデンの本で、昔の生地を切った写真とその組織図が
載っているのですが、以前は「これは私の織り機ではできないわ」と
あっさり流していたページも、組織図を読めるようになった今は
「あ、ここをこうすれば似たような物が織れそうだ」とか理解できて、
やりたいなあと思うのがいくつかありました。
その中から 今紡いでいる糸からできそうな物がイメージできたので、
それに向かって糸を紡いでいくことにします。
工房では 先生が大きな竪機の周りの荷物を大掃除で片付けたので
「いつでも使えるわよ」と。
は、はい。ありがとうございます。
今ちょっとやる気ない とは言えず、こちらも近々やる気を発動させねば。
ラグ用の素敵な糸が少しだけだけど出来てるし・・・

先日は、昔買って、ぼんや〜りした生成り色が顔映り悪くて
似合わなと思っていた薄手大判カシミヤストールを染めました。
歳とって手持ちの物はもちろん、新しく買う物も
「何もかも似合わん」と思うようになって久しいのですが
このストールは買った時から「生成りとはいえぼんやりしすぎ」
と思っていたシロモノで数回しか使っていませんでした。
久々にタンスから出して使ったら、新宿伊勢丹のおしゃれな
フロアの鏡に映った自分の姿たるや、がっかりしすぎ!

で、次の日、染め直しました。
IMG_0929.jpg
IMG_0928.jpg
上はオリジナル。
下が、生成り→黄色→ちょっと濃いアボカドの果肉色→濃茶になる前のアボカドの色
と次々染め直して完成した色。
しかしですね、似合わんのですわ。何が悪いのかなあ
と考えたら、結局この薄いカシミヤという素材のペタッと感、
一色なので尚一層奥行きが感じられないこと、そして大判であること。
これじゃないかなあ。
でもとにかく私には似合わん。まあこれが現実。しょーがない、ね。

さてさて、スマホの2年縛りも明け、息子には引導渡しました。
今格安SIM&スマホに切り替え手続き中です。
これからは自分で支払いに穴をあけないように気を配れ、と。
私は一周回って「スマホはやめ」と決めました。
近々そうしたら、実際どうよってところをまた
書きたいと思います。

(は)


仕事始め にしては遅いけど

旧暦の元旦は1月28日土曜日です。
明けてだいぶ経ってしまい、毎日うだうだしてるなあと
自分が嫌になる時期(毎年だけど)です。そんな時は
「そうだ、旧暦だと今は年末だ」と思うことにしています。
よし、旧暦の新年は気持ちも新たにやるぞ!

実質年2回の気合を入れ、今年の1本目はこれ。
20170123081722723.jpg
去年12月11日だったかにコラムにアップした
紫と多色使いのマフラーの第2弾です。
緯糸に使った紫が濃いのと、経糸の原毛の種類が違います。
あ、あと撚らないフリンジにしたのも違いますな。

今工房では生地を織るための糸を紡いでいます。
その前には家用の大きめラグを織るために
太めの糸を紡いでいました。
でも自分家用というのがねえ〜モチベーション上がらなくて…
中断してます。でも大きめのラグを織るのに使う
竪機(たてばた)は工房でしか使えないし、
使ってみたいので、今年はやりますよー きっと。
これが「注文」なら、すぐにでも「はい!喜んで」と
ガーーーーーっと集中できるんですがねえ。

さて以前コラムで、携帯の2年縛りが終わるので
スマホにかかる費用を安くしたいと書きました。
それがこの2月に迫っているので、再度検討していたのですが、
時間を置くというのは まあ不思議なもので、
以前は嫌だと思っていた低価格のスマホも
「まあ、ほんと使わないし、これでいいかね」
なんていう心境になっております。
で、そんなことをネットであちこち行きながら
悩んでいたら、スマホ関係の記事の下方の
スポンサーリンク部分になんだか見慣れた写真がね…
あれ なんでここに私の青いストールの写真が?
今回のショップにアップしたアルパカ混の青いストール。
この写真がなんでスマホ関係の記事に?
それも違う記事にもあって、2ヶ所見つけちゃった。

あれま、iichi がスポンサーリンク貼ってるんだ〜〜
自身のサイトにアップした商品は、
アップ後1週間でiichiにもアップすることにしています。
だけれど、iichiはたくさんの商品がアップされるので、
自分達の作った物がピックアップされることはなかった
のです。(いや毎回注意深くチェックしてるわけじゃあないですけどね)
今回は季節柄「巻物」をピックアップしていて
その中に自分の物が入っていた、というわけです。
おおお、いいね。励みになるね。嬉しいね。
二つ目を見つけた時は横にいた夫に
「ねえねえ、これ私の」というと、
「えーーー凄いじゃん。名前 ちゃんと出してる?
名前売るチャンスじゃん。ちゃんと出してもらわなきゃ。
うーーんこれで一発大儲け。もう俺働かなくていいな」
どぁーほ!

次は家で何作ろうかな。
何作るか決まってないこと自体がちょっとねえ〜〜

あ、それから12月にエアープランツの花芽が出た写真
載せましたっけ?
あれ、どうなるのかすごく楽しみにしていたのですが、
なんと、紫の細い花芽の先っちょがちょーーーっとだけ
ペロンとめくれておしまい。それから花芽全体が萎れてきて
います。ほんとか?これが正式か?この後またなんかあるのか?

(は)

今日の手仕事 12月30日

12月初めに先生の個展があり、その後とってもすてきな打ち上げがあり、
一年が終わります。
掃除が嫌いなので、もう大掃除はしないって決めてから
年末のイライラがなくなりましたが、
降り積もった汚れは古くなった家を着実に蝕んでいる
そう確信する今日この頃であります。
何でも手入れを怠ると、いつかドッカンとしっぺ返しくらう
ですな。でも今年はいいや。

年末になるといつもと違う手仕事に手を出して、
わさわさします。足りない素材を注文しようと思うと
年内の発送はいついつまで とか
ありますでしょう。
今年は皮革のバッグを作ろうって思い立ち
ずっと前買って使えないでいた皮革を出してきて、試作のつもりで
ザクザクやってみました。
2016123015123866f.jpg
手前が確か鹿革スエードで、艶のあるのが山羊革って
言ってたような記憶。どちらも強くて軽い、と。
ここまでやったけれど、結局気に入らず
昨日解体。お蔵入り。

で、次は義母のバッグの修理。

先日夫が
「いつも世話になってる嫁1号に何かプレゼントを持って
帰省したいんだけど。それとおふくろにも」
と人生で初めて意義のある発言をしたので、
ようがす、かんがえましょう。と。

義母は、プレゼントはもったいなくて使わずにしまいこんで
そのうち忘れてしまうので、いらないのでは…
というのが大方の意見。
でもせっかく息子が初めて(シツコイ)いいこと思いついて実行しようと
しているので何かないかとね。そこで絞り出したのが、
「いつも使っている袋の持ち手がボロボロで
どうにかしなきゃねと前々から言ってる」
という嫁1号(夫の実家近くに住む。ちなみに私は嫁2号)からの情報。
嫁1号「修理して綺麗になったらお義母さんも喜ぶ、かも…タブン」
ボロボロだったこと記憶になくて修理したのわからなくても
別にいいよ。送ってもらって修理。
コレはあっという間に出来たので、手仕事とはいえないんだけど。
あまりにあっけなく終わってしまったので、手仕事魂に火がつき
じゃあ、何か手軽に持てるバッグ作りましょう!
そこでまた思いついたのが、数年前に販売して
残念ながら手元に残ったバッグ。
修理した袋よりちょい大きく、マチも2-3センチしかないので
財布だけ入れるのにもってこいだわ。
中袋とタグを交換して、おお、いいよ。
2016123015073326c.jpg
使わずにお蔵入りでもかまわないさ。
プレゼントってもらったら嬉しいじゃない。
嬉しい気持ちが一番だよね。

さて今年はこれで手仕事おわりだな。

最後にこの不思議な写真を
20161230150731dee.jpg
数年前にもらったエアープランツ。
2週間に一度8時間水にドップリつけこんでと説明書きにあったので
ほぼ忘れずやり続けたら、なんとコリハ 花芽ざんすか!
数日前から葉がピンクになってるなあって思ってたら
あらまあ、女王さまを迎える準備だったの?

この紫に変化があったらインスタにアップしましょう。

みなさま、良いお年をお迎え下さいませ。

(は)

今日の手仕事 12月11日

師走に入るとほとんど外出しない私もそれなりに
ソトデの機会があって、気持ちが落ち着かない感じです。
さて前回のコラムに載せた経糸の写真はこんなマフラーになりました。
201612110947069ad.jpg
20161211094705ab5.jpg
一年ぶりにサイトで品物をプレビュー、アップします。(たぶん明日月曜日)
私はこの一年バッグ類は作らず、ずっと織ってばかりだったので
そういう物を出します。
いやあ〜振り返って見ると、そうだったんだよな〜〜
一年、手作業不調もあったけれど、ずっと作る物のこと考えて
過ごしていたんだわよ。大したことできないね、全くのところ。
でも先日ほぼ日で読んだ対談の中で横尾忠則さんがおっしゃってた
「回数」ってキーワードが今年のプレゼントだわ。
経験(時間の積み重ね)で言えば、若い時からやっている人には
どう頑張っても追いつくことは出来ないけれど、回数なんだ
と思えばそこに負い目を感じなくていいわけですもの。
いやね、こういうことやってますって言うと
はたから見るとだいたい「趣味、暇つぶし」って
思われる、言われるから、経験年数がこの年齢でうん10年
じゃあないっていうのはチョイと気後れなのです。
だって趣味って思ってないし!
まあ実際のところ積極的に打って出たりしてないから
仕方ないんだけれどね。
よーし!いつかどうにかなるぞ〜!
回数だ、回数!

(は)

ヨワッチー

娘の話です。
自分の部屋から出すもん出してきれいになったところに
父親に買ってもらったテレビを置くボードと
大きなクッション形状の座椅子的な物が届きました。
土曜日の昨日、さっそく荷をほどき自分の部屋に
運び込みます。さすがにテレビボードは一人では
持てないので、父親に「ちょっと手伝って」
といつもの命令口調。
階段を登るんだからふつうーーはこの場合
上をいくのが力持ちでしょ。
ところがどっこい「じゃあ上がS(娘)ね」と父親。

(私: ええーーばっかじゃないの)

そして続けて父親
「やっぱK(息子)起こそうか」

(私: 大して重くないんだからさー 大丈夫に決まってるでしょー)

さらに父親
「あ、こういう時は下がS(娘)なんだよな…」

(私: やっぱ役にたたねー)

そう言いながら二階に運び上げました。
設置し終わってダンボールなどもかたずいたようなので、
どう?テレビ映った?と聞くと

「アンテナ線がない」ブスっと娘、不機嫌丸出し。

テレビは2年くらい前に夫が持ってきた物で
確か何かが足りないから自分の部屋に設置できないんだと
言ってほったらかしてあったやつです。
本人それをすっかり忘れてたようで、機嫌悪い娘に
「おっかしーなあー…無いんだよ〜〜」
あった物がなくなったようなニュアンスで、言い訳チックに
首傾げてるけど、元々なかったから。
(こういう場合私は基本何も言わない)

なぜ私が娘に、テレビ映ったかどうかを聞いたかといえば、
分波器を買って付けないとBSが映らないからであります。
食卓横に置いてある小さいテレビが、買った当初
どうもうまく見られなかったのですが、
夫は「おかしいなあ〜 この地域電波変なんじゃないの?」
と毎日過ごすだけで、問題解決にちっとも立ち向かわないので
私が調べて、購入し、取り付け解決に至ったと
こういうことがあったのです。
まあ、夫はあらゆる問題解決に立ち向かわないのですがね。

さて、娘はそれからそういうものを買いにいくとか、ジムに行くとか
忙しいのですが、
娘「K(弟)の自転車があるのに、Kがいない。」
私「じゃあ、車で行ったんじゃない?」
娘再びおかんむり
「ッチ! (自分が)使うのに!」
即 弟にライン。

夫はこの日午後から仕事で、風呂入った後ドライヤーを
かけていたら、外出前に髪を整えようと
やってきた娘に「%#~<>}|( ̄3 ̄)|!!!」
夫「また怒られちゃった」
私「またずいぶんヨワッチーな」
夫「笑笑」
そこに息子が急いで帰宅して
「今帰りました」
なんだかねえ〜 ヨワッチーの遺伝だね〜
(まあ、娘のそれは私のだけどね)

まあ、平和の素かもしれんがね。

さて手仕事。
経糸が二本できました。
20161127120145196.jpg
201611271201449af.jpg
緯糸はなにいろがいい?とインスタグラムで
アップしたら、下の写真の糸に「紫はあり?」と
返信もらったので、古代紫(高貴な色)濃いやつどうかなって
今検討中です。

あ、この前の赤いの、マフラー仕上げました。
201611271212308e2.jpg



(は)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。