cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ 絹糸 おそるべし3TOP手仕事 ≫ 絹糸 おそるべし3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

絹糸 おそるべし3

一週間絹糸と格闘して、金曜日。
この日は染織工房の日なので、先生やお仲間と
この一週間の話などして、工房の織り機にかけている
ラグを織るのに集中していると、すっかり気分も
切り替りました。途中で先生が、
「こんなの染めたの」と見せてくれた手紡の絹糸。
スラブ糸様に紡いだ糸は細い芯の部分は薄いピンク、
ふくらみのある部分は濃いピンクに染まっていて、
いつものことながら、誠に味のある糸になっていました。

これだ!

私に足りないのはこれ!

手紡の絹糸なんて全く視野になかったけれど、
これにしましょう!

先生に、こんなふうに染めたい と言うと
「これはたまたまそうなっちゃったんだけどね」
となんとも脱力のお答え。
「でもやってごらんなさい」と
これまたいつものことながら、気前よく絹の塊を
袋に沢山くださいました。

こうなると、もう待てません! 帰ったらすぐやりたい。
待てないけど、帰ってやらねばならん事はやらんとな(←夕飯とか)

さて翌朝。
つらつらつら〜〜 と経糸10本分くらいを紡いで、染め。
ついでに、釜糸もひとかせ一緒に染め。
おお、いいんじゃない。

一度張った経糸を緩めて、そこに手紡の糸を入れて・・・
なんていうのは邪道だし、それでうまく織れるわけが
ないのですが、ランダムに入れてみたらとても素敵で
おほほほおほ〜 って感じ。

その後も、いろいろダメが出る度に工夫して、
やっと織り進むことが出来る様になりました。
一度「またかよ!」の絹糸崩れが発生して、
小管(こくだ)に巻いた一番使いたい色の
糸を全部ダメにしたのですが、もうこうなったら
ある色をランダムにいれて最後まで一気。
織った部分を巻き取るために、テンションを緩めると
きれいに入れたはずの緯糸が特に端っこ部分で
織りムラになるのが、大いに気にはなりましたが、
そのまま進んで、あっと言う間に織り上がりました。

機から降ろして、房を作って、仕上げのため水に
つけ、ゆらゆら揺らしながら、織りムラが調整できると
いいなあ、なんて注意してやってみましたが、
あまりにムラの大きなところは結局そのまま残りました。
ム、ズ、カ、シィーーーーー
いっそのこと全部がムラだったら、ムラ織りってことで?

ああ〜 難しかった。

その後 絹織物で検索したら、最後に水につけると
糸が締まって、織り目を整えるけれど、部分的に締まりすぎたり
反対に緩んで生地が膨らんだりすることもあると。
それはもう経験を積むしかない、とありました。
それに絹糸を小管に巻く時は、崩れやすいので、
少しずつにしましょう とも。

なるほど〜 深いな。

民藝展の講評会で、織りの講評者は着尺の専門家だったのですが
その時は、「私は着尺や絹はやらないわ」と
ほんとテキトーに流して聞いておりました。
着尺の両サイドが波を打っていたり、仕上げに失敗して
しわが取れなかったり、そんな出品作品を前に
私は不遜にも「どうにかならなかったのかしら」
なんて思っておりましたのさ。

世の中知らない事ばっかりで、しかもあまりに自分から
遠いことは知ろうともしないのでありますが、
興味のある分野でもこれですから、まったく。

実ってないから「こうべ」の垂れようもないわけですが、
実るほど頭をたれる稲穂かな
こうありたいものです。

写真

まだ房の処理をしていない今回のショール


(は)






Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。