cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ 絹 おそるべしTOP手仕事 ≫ 絹 おそるべし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

絹 おそるべし

実るほど頭を下げる稲穂かな
そんな心境でございます。

先日民家園で購入した絹糸を緯糸に、糸屋から購入した
しっかり縒りのかかった絹糸を経糸にして、ショールを織りました。
と簡単に書いてますが、これがまた、半端なく大変で
ございました。
もう なんど途中で諦めようと思ったことか・・・

気に入った色を出すための染めの作業も
何回もやったのですが、これはまあ、実験って
感じで楽しくできて、織る楽しみもいっそうアップ。

染め作業でちょっと乱れた「かせ」を巻く作業。
昔 母に毛糸のかせを両腕に掛けられて、母が毛糸を玉に巻くとか、
傘みたいな、アンテナみたいな折りたためる道具を買ってからは
それにかせをかけて、玉巻器で巻くとか
(その道具は今私の手元にあります)
やってましたが、今も原理はまったく同じです。
むしろ私の持っている道具は昔からあるそのままの
形で、木や竹で作られています。

絹は大管(おおくだ)という木の棒に巻きつけるんだよなあ
というのは、わかっていたのですが、

* かせが乱れていて、電動の管巻を使うと糸がきれるだろう
* 手持ちの大管の穴の大きさが違うので電動のに使えない
* 手で巻くという選択肢、これはかなり大変だ
* 手動の玉巻器なら、回転を調整できるからいいかも
* 大管に巻いたのと同じように使える様に細工をして
  やってみよう

というわけで、やってみるとかなり乱れていた「かせ」のせいで、
すんご〜く時間(日数)がかかりながらも巻いていきました。
あまりきれいに巻けてないけど、とりあえずこれで経糸
分になるはず。

次は緯糸。民家園で購入した縒ってない糸に縒りをかけ、
大管に巻きます。今度は手巻きで。
少し進んでいくと、な、な、な、なんと糸が切れてしまいました。
ガビーーーーーーン
切れた糸端が残りのかせに隠れてみつからないよ〜〜(汗)
しかたない、かせくり機に結んでおいたもう一方の糸端から
やるか・・・
その後乱れに乱れてくるかせのご機嫌をとりながら手巻き
を続けたものの、またもや「プチン」と。
ああ、無情。
前途多難。
両糸端 行方不明。
手掛かりなし。
万事休す。

つづく

(は)

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。