cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ タータンの続きTOP手仕事 ≫ タータンの続き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

タータンの続き

染めた糸が乾いたら、即仕事開始。
どんな感じになるのか早く知りたいから気が急くのですが、
そこは慎重に事を進めないと、間違えるとあとで
大変ですからね。
400本くらいの糸を筬(おさ)に通し終わって、
次の日
「あれ、間違いないって確認したのに、緑がごっそり
 抜けてるし」
抜けてるところから端までやり直し。
どうして気がつかないかなあ〜
次は綜絖通し。
これが大変な作業なのですが、先生の工房でやるのと違い
家でやると、休み休みでも長時間出来るので、400本も
そんなに時間はかからず終わらせることができます。

さて翌朝
朝陽で明るい部屋で、起きぬけに昨日の経糸を見ると、
「これ色が調和してないなあ」

さあどうするか
赤を染め直す・・・
この赤を生かしたタータンにする・・・
とりあえず お蔵入りにする・・・
だって、やり直すってことはですね
これらをはずして、再度 本数や模様の出具合を
計算して、各色が足りるかどうか使用量をメートルで出したら
それをグラムになおして・・・
と最初からやるより大変だし・・・トホホ〜
ちなみに このままやり通すという選択肢はなしであります。

お蔵入りといえば、
この春先まで、原毛を染め、糸にし、
それを「二重織り」マフラーにすべくこつこつやってきた
物が、見事にお蔵入り決定となり、もうどおっ〜〜と
疲れてしまったことがありました。それがこれ。

お蔵入り

理由はいろいろですが、ま、素敵じゃない、と。
で次に糸屋さんから買ったウール糸で織ったのがこれ。

ピンクマフラー

ああ、糸が違うとこんなに出来が違うわけですわね。
失敗は成功の素。

ということだから、このタータンも成功に導いてみせませう。

(は)

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。