cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ 日本民藝館展 講評会TOP報告 ≫ 日本民藝館展 講評会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

日本民藝館展 講評会

審査結果が判明した数日後、会期前の民藝館で、表彰式と
講評会がありました。午前の表彰式、全体の講評の後
昼をはさんで、なんと午後4時まで。
なんでこんなに長いんだろう、それに弁当代としては会費が
高すぎないか? とエントリーするまでは、出席しない
つもりだったのです。だって、エントリーの時には
入選かどうかもわからないわけだし、歳とって謙虚じゃなくなった
ので、なんか批判されるとムッとするし。
たとえその道の権威だとしても、上から言われたら
「だから、何。あんたの言う事が宇宙の全てじゃないでしょ」
と絶対言い返しちゃうし。(心の中でね)

しかし、いかんいかん。自分でこの道の若輩者と
わかっていながら、この態度ではいかん。
こうやって、嫌いなことをばさばさ切り捨てていっては
ひろがりがないじゃないか、と反省。出席に丸。

さて 当日はちょいと早めに着いて、選外の作品を荷造りして、
送ってもらう手続きを済ませ、終わったら素早く帰れる
ようにしようと予定を立てていました。
あちらに着くと
「選外の作品も講評してくれるので、荷造りは
 終わってからなさってはどうですか」
というご親切なアドバイスにも
 3秒考えて
「あ、いいです。遅くなるので」
反省したけど、謙虚にはなれないってことだね。

先生とも合流して、2階の、入選作品が展示してある
大きな部屋へ移動。移動中も展示品を見ながら

うわっ、これ欲しい。素敵!(←籠)
あ、これ前からほしいなって思ってたんですよ。
値段は・・・お、安!!! まいったなあ (←鉄瓶)
初日には行列が出来るそうだから、こういうのは売り切れ
ちゃうんだろうなあ〜
箕(み)って知ってます?
農作業などに使う道具なんですけど、これの大きいやつ
は、洗った原毛をどさっと入れて干すのにぴったりなんですわ。
で、これも展示してあったんですがね、これはもう
高!!! 手がでまへん。

などと興奮しながら着席いたしました。


民藝品か・・・
誤解してたかな



つづく


(は)

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。