cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ 織り機組み立て篇5TOP日記 ≫ 織り機組み立て篇5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

織り機組み立て篇5

2013。おっし。
1月2日からパソコンに向かい、京都の機料店に
必要な物を注文。発送はもちろん正月休みが
明けてから。鱒のすしも購入して、無事平竹の棒も
手に入れた。
筬という道具が必要なのだが、これは取り寄せで、
3週間かかるとのこと。

近所の金物店の正月休みが明け、これを注文した。
IMG_0517 のコピー

そして、ネットではこの樫の棒や椅子の足に付ける
カバーも注文。
IMG_0508 のコピー

踏み木にボルトを取り付け、
樫の棒に、織りたい組織図通りに、まね木に付けた
コードを引っ掛けながら差し込み、椅子の足カバーで
止め、外れない様にするというわけ。
IMG_0510 のコピー

ちなみにまね木は上下あるので、間違い防止にと思って
下のまね木からのコードに色をつけて、先端を輪っかにした。

よし、これで織り始めましょう。
手持ちのみかん色のコットン糸で。

糸量からどれほどの物ができるのか。
いつもは先生に相談して進めるので、一から
自分でやるとなると、これまたわからない事ばかりである。

THE BIG BOOK OF WEAVING という本があって、
以前買ったものの、あまり役立てていなかったのだか、
必要にせまられてページをめくっていくと、
ほんとに丁寧に、かゆいところに手が届くように
解説してある。
これを参考に必要な糸の量を割り出して、
エプロンを作る為の布を織る事にした。

つづく

(は)

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。