cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ 麻糸ホールTOP手仕事 ≫ 麻糸ホール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

麻糸ホール

竹筬をいただき、どうしても使いたくてウールを細く紡いで
筬通ししたけど、やっぱり無理があった。
と工房でおしゃべりをしたら、今週は麻糸がホールで
準備されていました。
20160710110608019.jpeg
それ、持って行きなさい。
もうほんと先生は太っ腹なのであります。
一緒に写ってる色糸は白の麻糸を染めて使った残りだそうで、
「スッスッと入れても素敵じゃない?」
さあああああ いいぞおーーー
暑いのいやだな〜〜とダレていた気分がビシーッとなって、
どうするどうする?
麻のタオルやハンカチはいいのよ〜〜
やっぱり最初は平織りで?
糸が細いからねー

工房で一緒の人が
「織ったら買います。それに刺繍する」
(彼女は刺繍を習っている)
え、え、え、 刺繍?

「そう、こんな感じ」
と写真を みせてもらうと
ワンポイントで、凄くいいね!
うわー一気に盛り上がるし。
先生!刺繍してくれるって!

「凄いわね。どんどん広がるわね。」

じゃあさ、やっぱり最初は刺繍しやすいように平織りだね。

帰宅して織物の本を広げ検討。
検討し始めると、あっちの織り方の方かな、
やっぱりこっちかな、でもなあ〜
両端平織りで中央ワッフルってのは?
吸水性アップでバスタオル。ダメそうだ。
私の織り機じゃできん。
欲張りすぎだ。元に戻ろう。

落ち着け

頭の中がとっ散らかり中々アイデアが集約できないので

とにかく今はやりかけの物を終わらせましょう。
若い赤がメインのタータンね。

(は)

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。