cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ 織り機9TOP日記 ≫ 織り機9

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

織り機9

あのさあ〜 今度の月曜日、織り機が届くんだけど、
それが97キロもあって、運ぶの手伝って欲しいんだけど。
運転手一人しか来ないから、荷台から玄関先まで
運べないんだって。

高3男子:月曜日ならいいよ。

もう一人友達呼んだ方がいいかもしれないけど。
私は手伝えないし・・・

高3男子:大丈夫だよ。

そうかなあ〜 
普段一日50歩ぐらいしか歩かないし、
動かないし、脳みそ使わないし、
どこもかしこも退化してんだから・・・むりじゃね?
落としたりして大切な織り機がダメになったらやだわ〜
とちょっと不安が残ったけれど、
本人が自分だけでオッケと言うなら、まあ・・・ねえ・・・

学園祭の準備で、体育館から柔道用の畳を運んだり、
秋葉原からおでん用の大きな四角い鍋を二つ三つ
一人で持ってきたりしたんだし、大丈夫なのかね。

さて、当日。
朝ちょっと駅まで車で出かけて帰ると、既にトラック
は到着していた。
荷台に荷物は一個。 トラック一台に荷物一個とは
これまた効率の悪い。

運転手は若い兄ちゃんだった。
家の門扉から玄関先まで段差が数段ある。
寝ている高3男子を大声で起こし、
起き抜けで97キロを運ばせる。

兄ちゃんは慣れたもんで、高3男子は起き抜けの
素人。荷台からの荷物の片方の端を受ける体勢も
危ない感じである。

怪我人出そう。正直そう思った。
織り機 壊さないでね〜 頼むよ〜

手が滑って力が入らないというので、
園芸用のゴムの手袋をさせたが、
段ボールでぐるぐる巻きの荷物は
手掛かりがなく、それでも滑ると。
最初の段差2段が腰が砕けてあがらない。

手慣れた兄ちゃんは平気で荷物の片方を保持している。
こちらのドタバタにはまったく取り合わない。
こうしたら とか、ああしよう とか、
気遣いま〜ったくなし。

ここまで腰砕けだと、玄関先までが危ないので、
非力ながら私も手伝うが、前方をよたよたと
二人が持ち、後方の兄ちゃんはグイグイと押して
くるもんだから、チ、チ、チョット待ってと
訴えながら 段差を超えるところなんて
持ち上げられなくて いつ下敷きになるかって
思ったくらい大変ざんした。

ホントにこれは私ひとり手伝ったからって
どうすることもできなかったよ。
兄ちゃんの(感じが悪いわけじゃないけど)、
人が困ってても微塵も配慮ない仕事ぶりと 
○○社の今までの対応。
まったくなんてこった!

いつも一人で運ぶんですか?

兄ちゃん「はい、いつも一人でやるので重い物
     には慣れてますが、いつもは会社の荷物
     を大量に運ぶので、先方には人手があるし、
     フォークリフトを使ったり・・・
     この荷物も最初は個人のお宅だとは
     思わなかったようですよ。」

なるほど。今までの とてもざっくりした仕事ぶりは、
私がしろうとであることをきちんと理解していなかった
ということなのか。

P氏へ
あのさ、私最初のメールに「全くのしろうとですので
教えてください」って書いたよね。

「しろうと」の意味がわからなかったのか?

どうにかこうにか玄関に荷物を運び込んだ。
ほんとやれやれだ。

正直今でも関わった人達の仕事振りには
大いに憤慨している。
「仕事」ってこれじゃあだめだよ。

で、皮肉をこめて毎日使ってるフレーズ。
「よろしくお願いします」

「今日はまた揚げ物ですが、
 ひとつよろしくお願いします」
「疲れたので洗い物しないで寝ます。
 よろしくお願いします」 

てな調子。
その後当然「なんでも よろしくお願いしますで
済ませるんじゃない!」と自分で突っ込みを入れる。

「いつもお世話になっています」は
私の日常ではどうにも効果的な皮肉として使えない。

織り機 中締め

(は)




Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。