cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ 今日の手仕事 コチニール染め騒動TOP手仕事 ≫ 今日の手仕事 コチニール染め騒動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今日の手仕事 コチニール染め騒動

その都度インスタグラムにアップしているので
すっかりその一部はここに書いていたものと思って
おりましたが、なんだそうだわ これはこの一週間の間の
出来事だったんだわ。
先週の工房で 「小豆のような濃い紫」になるみたいだからと
コチニール染めをしました。
銅媒染を考えていたのですが、先生がアルミ媒染と半々に
したら?とおっしゃったので、あっさり承諾。
原毛200グラムづつをアルミ媒染と銅媒染で染めることにしました。
200グラムは手持ちのコチニール溶液を半分づつ使えば
どちらも濃い色に染まる計算です。(コチニールの容器にそう
記載してあった)
今日はアルミで先媒染しようとアルミ(焼きミョウバン)
の量を計算し………
とーころがどっこい計算間違えて超高濃度のアルミ媒染液で媒染。
なんかおかしいなあーこんなにミョウバンたくさん使ったけな〜
と思いながらも午後はそれをボトル半量のコチニール液で
染めるとこまでいきました。ここからは一晩おいて冷まします。
煮物と一緒で冷める時に色を吸収するので。
タンクの中の原毛の色、想像と違うぜ……
だだだいじょうぶか?

帰宅後。
書物や染めのサイトをチェック
キョエーーやっぱりアルミの量まつがってたぜ、それも相当。
コチニール染めの場合高濃度のアルミ媒染液で媒染すると
紫が濃くなると…その線であってるからいいんだけど…
イメージと全く……

金曜日の夜ではありましたが、
気になって気になって…
媒染濃度が適度ならどうなったのか…
必要な物は全部揃ってるんだからやらない選択肢はないな
というので やりましたとも。

20160514104506bbd.jpeg
20160514104505758.jpeg
上が高濃度の、したは適切な濃度の。
変わんないじゃん。
ここまで3日。
濃くないね。それにこんな女っぽい色は苦手なのじゃ。
どうするか…
じゃあ、じゃあ黄色をかけてみよう。
せっかく天然染料使ったから、ここはザクロで。
赤に近づくはず。はず、だけど確信ないので
あまり濃くかけるのはね。ここは20%にしておこうか。
結果は
20160514110217728.jpeg
ちょっと赤っぽくなりましたでしょ。
もっと赤くても良かったな。
何につけもっとこっくりした濃い色が好みなのじゃ わしゃ
でもここまで何度も高温で原毛を煮立ててるから、これ以上はね…
この色じゃやっぱり使えん と思った時にまた考えることにしましょう。
ここまで5日。

さて昨日の工房では先週のコチニール染め原毛を銅媒染しました。
原毛はうちで染めた物と色味は大差ないのですが、
毛先だけが顕著に色が入っていて、他の部分はほんのり
汚く色がついてるって感じです。(下の写真アルミ媒染のサンプルは
結構ちゃんと色が入っているけど)
色が入ってない部分が銅媒染できれいになるわけないと
直感で思いましたが、案の定
20160514094604c7f.jpeg
上が銅媒染、下が銅媒染前のアルミ媒染したもの。
どーーーですか。もうね〜汚い!
麩菓子か腐った臓物って感じの色ですわよ。
濃い部分は確かに紫。薄い部分はこれだけなら
使えないことはないでしょう。でもね、でも
両方混ざるとねーーーーー
先ほど工房の先生から連絡いただき
「もしもし この声の調子でわかる? 例のあれ
変わらずよ。腐った臓物色」
銅媒染後、再び染液に入れ煮立たせ
一晩浸けておいた原毛は昨日銅媒染した時と変わらず
すごい色だそうです。

なんかまつがってるんだわ絶対。
吸収の良いコチニール色素が全く吸収されていないというんだから。
さあ〜これを〜来週はどうするか
何か他に色をかけて濃い紫になるよう実験するか…
もう化学染料かけてちゃっちゃと希望の色にして終わりにするか…
結果が思いもよらないもので、さてどうするかって
考えたりやってみたりするのが これまた楽しいですね。

先生が高校で工芸の授業を持っていた時、
毎年生徒たちを山形に研修旅行に連れて行ったそうですが、
その時の研修先の一つの染色家は、
染物はお日様と風と水が重要なんだ、と繰り返し言っていたそうです。

こんな気持ちの良い日に、染めや織りについてあーだこーだ言いながら
過ごす時間を幸せって言わないで何を幸せって言うのでしょうね
と先生。

昨日は夏を思わせる良い天気で、
お日様と風と水の話がとても気持ちよく、
天然染料で染物する時はきっと思い出すだろうな、わたし。

今頃先生が臓物色のやつを洗って、脱水して
お日様と風に当ててくれています。
私もこの前蕗で染めた原毛 お日様と風に当ててやろうっと。

(は)





Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。