cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ 今日の手仕事TOP手仕事 ≫ 今日の手仕事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今日の手仕事

先日の工房では、先週蕗の葉で染めた原毛を媒染し、
再度蕗の葉を煮出して染液を作って染めてきました。
2016042410423407b.jpeg
この写真は染めた原毛の一部ですが、実際はもう少し黄色が
出ていて、優しい色になりました。
予想していた緑っぽさはないですが。

ゴールデンウイークを挟んで次回はコチニールの
抽出液を使って染めようと思っています。
この季節薄いピンクなども心惹かれるのですが、
濃く染めてから銅媒染すると濃い紫に変身するらしいので
そんな変化を見てみたいなあと思って。

昨日は小野路やまいちというイベントに友人と行ってきました。
そこでカッティングボードを購入しました。
小洒落た物ではなくて、まさに小ぶりの「板」その物。
オイル仕上げしてあって、面取りしてある物(確か栗)が色やサイズ
が気に入ったのでそれにしようかなと思っているところに
そこのお父さんが昼食から帰ってきたので
そこにある素材の特徴など聞いてみると
これがまあ面白い!

インターネットで仕入れた知識じゃないからね、えへへ。

これは(私が買おうと思った栗の板)硬いものを切るのに向いてるんだ。
例えば硬いパンとかね。
日本料理に使うなら刃当たりの柔らかい方がいいんだ。
例えばこれなんかいいやつだよー

と手に取ったのがチョークで「アラスカスプルース」
と書いてあるそっけない板でした。
見た目切りっぱなしの端材。
しかも栗のより随分安い。
うんちく聞かなければ手に取ることもないだろう見た目。

硬いカッティングボードが大変使いにくいことは
今使っているものがそうなので、大いにガッテン!
結局、為になって楽しい会話ができた時間も全部ひっくるめ
その板はうちの台所に収まりました。

友人がオイル仕上げと何も塗ってない物の違いを尋ねると

広葉樹の木材で出来たものはオイルなどで仕上げをするんだ。
針葉樹のはそれをしない。

一見切りっぱなしの端材だけれど(端材には違いないと思う)

何年も乾燥させて、俺が鉋かけてあるからこのまま使えるよ。
長いこと使えるよ。

何かあったらまた来年やまいちに来て聞いてみよう。
それもまた楽しいだろうな。

(は)








Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。