cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ 漢検受験TOP雑記 ≫ 漢検受験

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

漢検受験

先日、漢検の試験を受けてきました。

なんといいますか、日々脳の劣化を感じておりまして
読むのはまだしも、書くのは非常に怪しい。怪しすぎる!
どうしたものか…と思っていたところへ
友人から「漢検の試験受けない?ボケ防止に。」とお誘いを受けたのです。
「受ける受ける!」
「まずは受かることと、勉強ぐせをつけることが目標ね。」
「了解!」
「4級受験でどうかしら?」
「4級ってどのぐらいのレベルなの?」
「中学生の初期かなー」
「OK。」
「では、お互い勉強に励みましょう。」
「がんばりまっす。」

その日のうちに問題集を買って帰宅。
やる気満々、満点取ると特別な賞状がもらえるらしい…
狙っちゃうぅぅ~~♪
なんて思いつつ、早速開いてみました。

どれい  えっえーと「れい」ってどんな字だっけ。
すぐれた  あれれ?送り仮名はどこからだ。
ごしょうだいじ  あーこれ先日使ったなぁ。
威の部首? もう、知らんがな…

そうです、読み問題はほ間違いがないのですが
「書く」「送り仮名」「四字熟語」「部首」はできない!
わ~~~恐ろしや~~~
こりゃ満点どころではない、受かるかどうかも怪しい!!

それでも頑張って、過去問集2巡しました。
1回目で間違ったところと同じところにひっかる。
さすがにへこみますな。

当日、友人と待ち合わせ試験会場へ。
東京郊外の広~いキャンパスで係員の指示に従います。
「4階へ上がってください。」
部屋の前に張り出されている受験番号に照らし合わすも番号がない。
「ちょっと、ここ準一級の会場よ。」
「あー違った。4級は隣りだった。わはは。」
「あれ~こっちにもないね。もう一回降りて聞いてみよう。」
エレベーターで降り、係りの人に受験票を見せ尋ねると
「この番号は会場番号で、受験番号はこちらです。」
もう、この時点でおばさん2人OUTですな。

無事会場に入ると案の定
私と友人、そしてお子様の付き添いの保護者らしきお母さまの3人以外は
すべて小学生でした。笑。

小学生の合間でいよいよ試験開始。
よーい、始め。
この瞬間はいくつになっても緊張します。
今回の試験は途中退席できないので、
制限時間の1時間は着席していなくてはなりません。
見直しも終わり、時間が余りました。
(あ~~今日の夕飯何にしようかな?)
友人は、本日の漢検の売り上げについて考察したそうな…
おばさんは邪である。

はーっ、何はともあれ終わったね~。よかったー。自信ないけど。
次はどうする。漢検?英検?
じゃあ漢検3級にしよう。
まだ結果は出てないけれどね。
おばさんはせっかちでもある。

そして、脳のリハビリは続くのである。



(ひ)

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。