cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ 織り機6TOP日記 ≫ 織り機6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

織り機6

はたして次の日。
本牧営業所の彼女から電話がない。
肩すかし。
こちらがそのことばかりを考えているので、朝一番で
電話をくれるものと思うのが、まず間違いじゃ。
と 大人の思考を取り戻し、電話をしてみると・・・

この貨物はシンガポールでトランジットしており、
その後積み替えられて日本に到着します。
積み替え後の輸出入の代理店が○○社ということだと
思います。うちの会社は関わっていないようなのですが、
どうして書類上に名前があるのか、そこのところは
ゴッテンバーグの船会社に問い合わせてみないと
わかりません。時差があるので回答を得るのに
早くて明日、場合によっては数日かかります。

とのことであった。
なるほど。
積み替え後の代理店か。

ということは、怪しい会社というわけではない
のですね。

そうですね。荷物のこういった書類が○○社に
送られてきているのであれば、ちゃんとしている
と思います。

一気に安心。ありがとうッ

彼女によると、港に着いた荷物を無料で保管しておける
日数はその会社によって違うので、確認したほうが
いいです、とのこと。

ああ、だから かのP氏はあんなに急かしていたのか。

よし、これでほんとにすっきりした。
さっそくP氏に連絡をし、手続きを御社に任せるので
見積もりを とお願いした。

多分初めから準備してあった書類を添付して、
超速攻で送られてきたメールには
「いつもお世話になっています〜」
「よろしくお願いします」
の定型文が貼付けられていた。

で、この金額を払い込めば手続きを進めてくれるのね。

P氏「はい、よろしくおねがいします。
   関税は通関後にお知らせします」

じゃあ、二回に分けて振込みってことですね。

P氏「全部わかってからまとめてでもいいです」

あ、の、な〜 じゃあはじめからそう言えよ!

その後も
荷物の写真、購入金額、××番号、その他通関に必要な
情報をやり取り。

いくつかさらにタコ(=仕事できないんじゃね?)
なメールも行き交った。

P氏「すみません、この金額、スウェーデンクローナは
   ドルにするといくらですか?」
と聞かれた時はびっくりしたが、これは税金の額に関係してくるので
勝手に今のレートで計算されるよりは、よかったかな。
私が買った時は円がどの通貨に対しても強かった時だから。

さあ、これでオッケ。

織り機の到着を待ちましょう。

つづく

(は)





Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。