cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ 今日の仕事 染色TOP手仕事 ≫ 今日の仕事 染色

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今日の仕事 染色

201507091257351c9.jpg

これは何かというとインド茜のパウダー200gであります。
ノッティング用の毛糸ひと枷400gを濃色に染めるのに
毛糸量の半分の茜を使います。
このなべは6リットルの大きな鍋なので、200gってすごい量であります。

30分茜を煮出し、14リットルの大きな鍋に湯を準備して
煮出した染料と前日に媒染処理した毛糸を投入。
あれえ、なんか薄くないかなあ〜 (メモ確認)

糸400g✖️50%=20g

「?!」

おい! メモ! 自分で書いたメモなんだけどね。
もちろん計算も。

急いであと180gを煮出すのに30分。

そしたら茜パウダーが膨らんでーーー
およよよよん
こりゃいかん。

パウダーといっても溶けるわけではないので、
濾さないと毛糸に粒子が付いてダメになってしまうのだけれど、
こんなたくさんの泥状の、しかもアッチッチで、
膨らんでしまった物を絞るのは………
予想外のドタバタであちこちに赤茶色の撥ねを飛ばしながら
染料追加オッケー。

あれえ やっぱり絞りきれてないのかなあー
まだ薄いぞ。

自分でも最後の一滴まで絞ってやったぞ感がなかったので、
写真の鍋を出してきて、一度煮出した茜を入れ
二番煎じ。
さらに煮出すこと30分。
おおーーー出るわ出るわ 二番煎じとは思えないほど
濃い色が出ました。
で、これも投入。
沸騰させたまま毛糸を1時間煮て、どうにか望む色に落ち着きました。
このまま冷めるまで(なかなか冷めないので明日まで)
置いておき、洗ってやっとひと枷完成です。
茜色はあと2枷染めます。

もう一色はログウッドという樹皮を使って紺色にします。
これは全部で4枷。
2ー3枷染めらるような大きなタンクはないので
(あってもレンジに乗せられないしね)
媒染処理を含め、染め完了まで都合3日かかる作業を当分何回も繰り返します。

今日使った茜はまーーだまだ色が出るので、
乾燥させて、保存しましょう。
それにしても、茜のせいで漢方薬の臭いが充満してます。

(は)

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。