cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ 竹の糸TOP手仕事 ≫ 竹の糸

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

竹の糸

2015042510374219b.jpg
工房の先生からこの糸を頂いた。
竹の糸。
ブロンズとリネンの生成りのような色の2色で艶があり、
ちょっと見はリネン。でも手触りが、すごーーく柔らかい。
さっそく竹の糸について調べると、
抜群の吸湿性に加え、抗菌、保温、その他いろいろ…
体の緊張をほぐしてくれるような良い感じの素材なのだそう。

何を作ろう。

ところがこの糸近くで見るとか〜なり毛羽立っている。
織るのにちょっと不安。

これについても他のブログでこんな記事を見つけた。

「綜絖が開かない」

経糸がこの毛羽に絡まって綜絖がひらかず、緯糸が
入れられないということである。
以前毛羽立ちの激しいウールを使ってブランケットを
織ったときこれにやられて、ほんとうーーーに
大変だったのだ。踏木を踏む度に、引っかかって開かない
経糸を、横から棒を使って開けて緯糸を入れるという
とんでもない作業になって、そりゃもう トホホ(涙)……

これはチト慎重に考えなければなるまい。

何を織るにしても工房の織り機でやろうかな。
先生に棒持って横に待機しててもらおう。

ところで
千里の道も一歩から。そう唱えながら やってきた
袋一杯の原毛も、やっとそこが見えてきて
後ちょっと。ゼーゼー。

(は)

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。