cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ 京都でTOP雑記 ≫ 京都で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

京都で

京都で開催された羊パレットという企画の公募展に
タペストリーを出展したので京都まで行ってきました。
お出かけ大好きな母を誘い、母は即答で「行く」、
京都に自分達だけ行くのは気がひけるので、
一応夫と娘に声をかけたら、こちらも「行く」。
夫が息子に声をかけ「…ウーーーン…」
結局4人で行くことになりなした。
誘っておいて言うのもなんだけど、
それぞれの京都行きの思惑が違うよなあ〜
私の目的 羊パレット、じっくりたっぷり
大丈夫かなあ〜 京都は25年ぶりくらいだけれど、
それ以外のお目当は皆無な私としては、
ここを外しちゃうと行く意味ないくらいなもんなんだけど…


2015021010583300b.jpg


これが「ねむそうな穴の中のくろくま」 というタイトルの
タペストリーです。
背景は平織り、クマはノッティングで、毛の向きを考えて
植えてあるので、熊だけ数センチ浮き出しています。

完成した時は、イロイロ欠点が目について、
やり直そうかと思ったほどでしたが、
先生に「作りたいと思った時の勢いが作品に反映されてる
のだから、絶対にやり直しちゃダメ! 作り直して
きれいにできたとしても、いい作品であるとは
限らないわよ」
と言われ、そのまま出品。
京都にわざわざ足を運んだのは、まさにそこを確かめたかった
からです。
展示されているところを遠くから、近くから、斜めから、
ジックリと、振り向いてチラッと、何度も眺め、
ああ、これでよかったんだ。
納得でありました。

300点余りの作品は写真撮影が出来なくて、
お伝えできないのが本当に残念です。

私がそうやって時間を費やしている内に、
母は疲れてソファーに座って、私はもういいのサインを出し、
夫はすぐにCoffeeブレイクで会場を離れ、
娘は結構付き合ってくれたけれど、写真撮影
が出来ないので、ゲームオーバー。

ああ、嫌な予感あたりだな。

(は)








Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。