cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOPスポンサー広告 ≫ フギュア スケートTOP未分類 ≫ フギュア スケート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

フギュア スケート

先日  MEDAL WINNERS OPEN 2015
を見に行ってきました。

楽しかった~。

なんてったってフギュアスケートの大会を見に行くのは生まれて初めて!
知らないことばかりです。
私たちは招待券をいただいたので見に行けたのですが
チケットは大変高価であることも初めて知りました。
(引き換えたチケットは、なんと一枚¥17,000!)

チケットをくれた友人から(っていうかご主人から)
「防寒をしっかりね。オペラグラスも持ってね。」
とアドバイスをいただいたので
当日は張り切って朝から厚着。
一日汗だくで仕事をすることにはなりましたが
お陰で会場で寒いことはありませんでした。
(でも、ダウンコートを着たまま、ひざ掛けもして見ましたよ。)

まず、あの体育館の中にどうやってリンクを作ったのか。笑。
高さもあまりなかったし、どうなってるの?
不思議。すごい技術だよねぇー。

試合を行うリンクの大きさって決まっているの?
思ったほど広くないけど
普通の競技でもこのくらいなのかしら…

勉強不足で、
公式戦ではなかった(?)のに審判員が紹介された時は
点数が付くんだーとちょっとびっくり。
そしてそれとは別に「テクニカルコントローラー」なる方も紹介され
むむむ、何をする人たち?回転数の確認したりするの?

女子6名が終わるとちょっとしたイベントの後
30~40分の休憩。えーそんなに長いんだ?
なるほど、そこで氷のメンテナンスをするのね。
お陰でゆっくりトイレの列に並ぶことができました。

試合でいえば、
エッジが切れるジャッという音や
ジャンプ時の踏み切る音、着氷の音は
生で見るからこそ感じられるものだったし
国旗を振って応援するのを見たり
「がんばー」と声がかかるのを聞くと
そうだ、これはスポーツだったね
と再認識したのでした。
(つい、芸術の舞台と勘違いしちゃうのね)

プルシェンコはやっぱり帝王で
ジョニー・ウィアーの中世的な美しさは健在だったし
織田君もとても良かったですよ。
美姫ちゃんはエッジが氷に引っかかってしまったようで転んでしまいましたが、彼女らしい愛嬌でした。

もし、美術館や歌舞伎のようにイヤホンガイドがあったら
初心者はうれしいかも。
トリプルなのかダブルなのかアクセルなのかサルコウなのか
さっぱり見分けがつかないもんね。
ま、わかったところで、どうってことはないのだけれど。笑。

そんなことを話しながら観戦し、帰路についた私たちでした。
素敵な機会をありがとう!
大満足な一日でした。


(ひ)



Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。