cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年06月
ARCHIVE ≫ 2016年06月
      

≪ 前月 |  2016年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今日の手仕事 完成

竹筬からステンレス筬に通し直した経糸。
Hamiltonというパターンで織り上げました。
オリジナルと色を違えているのでHamilton とは
言えないのでしょうが、各色の糸の設定数は同じです。
細く紡いだので、ツイルにしてももっさりすることもなく
ストールですが軽めの出来上がりです。
色は薄いミントと生成りとワイン。
このワインの所をオレンジっぽい赤にするか迷ったのですが…
ワインだと落ち着いた感じを、オレンジっぽい赤だと若さを
出すことができて、この一色の違いで全く印象がかわります。

20160626133937046.jpeg


今工房では、久々に小ぶりのラグを作ろうと思い、糸を紡いでいます。
8月は工房は休みなので、出来上がりは随分先だなあ〜

竹筬を使いたいので、しまってあった絹と、木綿を出して
何を作ろうかぼんやり考えているんですが、
ウールが頭から離れなくて先に進めませんわい。
絹は少ししかないのですがね、木綿がもうね〜
押し入れにどっちゃり。たくさん買うとすんごい安くなるもんで
「そのうち使うかも〜」って思って ね〜〜
使えないわ、見るたびにうんざりするわ もーいや。
木綿じゃなくて麻なら使いたい気持ちがわいたかもなあ。

さあてまた考えよう〜っと。

(は)

スポンサーサイト

竹筬を頂戴する

工房で糸の太さと筬目について
「どうも私の作る糸と筬目が合っていなくて
なかなか納得いく出来上がりにならない」
という話をしていたら、先生が
「これあげるから持って行きなさい。
私はもう一つあるし、こんな細い目の筬は
使わないから」
となんと竹筬を2枚も下さった。新品中古というやつ。
竹筬は昔から日本の手織り機のリードとして
使われてきたものですが、今や「竹筬を復活させる会」
のような活動をしている人たちが、細々と作っているというような
貴重品です。ぎょえ〜〜 いつもながら太っ腹!いいんですかい。
遠慮はしません。ありがたく頂戴します。

筬目は「鯨寸」で、センチに換算すると、
「105羽/10センチ」と「90羽/10センチ」
(10センチに105本/90本 糸を通せる)
絹や木綿を織る時に使う細かさですな。
でもお〜〜 ウールを細〜く紡いで、一本おきに入れたら
大丈夫じゃないかなあ〜
細くする分平織りじゃなくてツイルにして厚みをだしたら
どうかしら…
で、早速糸を紡いでタータンを織ることにしました。
今日はその「105羽/10センチ」の筬に
糸を通してみたのですが…
うーーーむ ザムネン。
やっぱり織る時に糸に負担がかかりすぎだ。
目がチカチカするのを頑張って筬通ししたけど、
外しましょう。
結局ステンレスの筬に入れなおして今日は時間切れです。

201606211758394fb.jpeg
わかりますかね。画面中央斜めに置いてあるのが
竹筬。目が細かすぎでしょー 下が透けて見えないもの。
そして写真上部の糸はステンレスの筬に通し直した経糸です。

絹も木綿も持っているからやっぱりそれかなあ…
また考えましょう。
どうしても使いたいぜ。

(は)

今日の手仕事 黒のマフラー

この前のタータンチェックのストールはヘブリディアン
という羊の毛の縮み具合が他と違って売り物に
ならない結果となってしまったので、今回の黒のマフラーは
経糸にその問題の毛を、緯糸に柔らかいポロワスを
使用しました。ヘブリディアンは元がグレーがかった黒。
ポロワスは茶色。なのでそれぞれに濃紺をかけて
黒をだしています。
縮絨した結果
20160609164221895.jpeg
こうなりました。ツイルで織ったにもかかわらず
いつもより縮み具合は弱く、サイズが大きく変わることもなく
サラッとした手触りです。やっぱりヘブリディアンの
毛の性質のせいかな。経糸を機にかけている時も
絡みつかないし、あっさりして手間がかからず
あっという間だったもんな〜
毛羽立ちの色の中に茶色(ポロワスの元の色)
がうっすら見えます。なので真っ黒ではなくニュアンスのある
黒ってとこでしょうか。それに緯糸を紡ぐ時に所々に入れた
トルコブルーが動きを感じさせてくれます。

先生からお借りした筬の目が、作った糸とぴったり合って
織っていて気持ちよかったので、もう一本マフラーを
織ろうかな。
天気がドンヨ〜〜リで気分も上がりにくいし、頭もぼんやり
しっぱなしだから、今度は派手な緑のむら染めのを
使おうと思ってます。

(は)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。