cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年04月
ARCHIVE ≫ 2016年04月
      

≪ 前月 |  2016年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今日の手仕事

先日の工房では、先週蕗の葉で染めた原毛を媒染し、
再度蕗の葉を煮出して染液を作って染めてきました。
2016042410423407b.jpeg
この写真は染めた原毛の一部ですが、実際はもう少し黄色が
出ていて、優しい色になりました。
予想していた緑っぽさはないですが。

ゴールデンウイークを挟んで次回はコチニールの
抽出液を使って染めようと思っています。
この季節薄いピンクなども心惹かれるのですが、
濃く染めてから銅媒染すると濃い紫に変身するらしいので
そんな変化を見てみたいなあと思って。

昨日は小野路やまいちというイベントに友人と行ってきました。
そこでカッティングボードを購入しました。
小洒落た物ではなくて、まさに小ぶりの「板」その物。
オイル仕上げしてあって、面取りしてある物(確か栗)が色やサイズ
が気に入ったのでそれにしようかなと思っているところに
そこのお父さんが昼食から帰ってきたので
そこにある素材の特徴など聞いてみると
これがまあ面白い!

インターネットで仕入れた知識じゃないからね、えへへ。

これは(私が買おうと思った栗の板)硬いものを切るのに向いてるんだ。
例えば硬いパンとかね。
日本料理に使うなら刃当たりの柔らかい方がいいんだ。
例えばこれなんかいいやつだよー

と手に取ったのがチョークで「アラスカスプルース」
と書いてあるそっけない板でした。
見た目切りっぱなしの端材。
しかも栗のより随分安い。
うんちく聞かなければ手に取ることもないだろう見た目。

硬いカッティングボードが大変使いにくいことは
今使っているものがそうなので、大いにガッテン!
結局、為になって楽しい会話ができた時間も全部ひっくるめ
その板はうちの台所に収まりました。

友人がオイル仕上げと何も塗ってない物の違いを尋ねると

広葉樹の木材で出来たものはオイルなどで仕上げをするんだ。
針葉樹のはそれをしない。

一見切りっぱなしの端材だけれど(端材には違いないと思う)

何年も乾燥させて、俺が鉋かけてあるからこのまま使えるよ。
長いこと使えるよ。

何かあったらまた来年やまいちに来て聞いてみよう。
それもまた楽しいだろうな。

(は)








スポンサーサイト

今日の手仕事

201604160944513f7.jpeg
前回のブログの前にこれが完成していたのですが、
インスタグラムにアップして、コラムに載せるのを
忘れておりました。
生成り×黒×グレーのツイード風ストールです。
縮絨は軽めにしてざっくりふんわり仕上げました。
でもちゃんと目は止まってます。(糸同士が絡まりあって
織り目が動かないということ)
ツイード風になればいいなあと思って選んだ3色ですが、
まさに希望通りになりました。

昨日の工房では大変天気の良い中 蕗を収穫して
染める原毛量の倍の量の葉を煮出して染液を作り
染めてきました。来週アルミ媒染して仕上げます。
昨日は写真を撮り忘れ残念ながら様子をお伝えできませんが、
緑がかった優しい色合いです。

栗の鬼殻染めの原毛は今糸にしています。
とっても素敵な色、私の好きな色でございます。
これは濃茶の柔らかい糸と合わせて
サマー&ウインターという表裏違う色が出せる織り方で
ストールにする予定です。
経糸の本数が増えるので重さがどうなるか…

ブツブツ切れる織り機にかけた経糸は思い切って処分。
勉強になりましたということで。

熊本の地震
あちらに友達がいるという理由だけではなくて
言葉にできない思いがあります。

(は)


今日の手仕事 上手くいかず

今週はずっと自分で紡いだ糸に手こずっています。
経糸として織り機に掛けると
撚りが足りなくてとにかく切れる!
うんっもーーー(怒!)
って感じ。
細く紡いだ約1キロの糸の内、最初の頃に調子に乗って
作ったやつなので、撚りが足りなかったんだなー
結構我慢強く粘る私も昨日から
「ああ、コリャコリャ もうあかん」
粘り数値ゼロに。
次にやりたいのが決まっていて、その糸はこれから作るので
とりあえずこのまま織り機にかけておき、
どうするか考えましょうか…

先日の工房では栗の鬼殻染めが終って
こんな感じになりました。
20160414072502e2e.jpeg
銅媒染したのですが、予想していたちょっと緑がかった
茶色にはならず、媒染後もあまり色の変化がありませんでした。
植物染めはこんな色をだそう、じゃなくて
どんな色になるかしら、という楽しみがあります。
(もちろんその道のプロは別ですけど)
今週の工房では、この季節の蕗の葉を使って
染める予定です。
まずは蕗の葉を煮出して色を出すところから。
蕗は工房の庭に生えている物を収穫します。
もちろん茎は煮て食卓に。
どんな色になるかしら。

(は)

今日の手仕事

201604021217583b5.jpeg
前のコラムの写真の黄色と薄いグレーを使って
大判のストールを完成させたのですが、
最初に予定してたグレーより薄いグレーを使ったのが災いして
黄色とのコンビがしっくりいきませんでした。
どうにかしたいと頭フル回転。
こういう時が結構楽しいですね。
昨日工房から帰って、フリンジの仕上げ作業をしながら、
「……製品染め…してみる?」
「んーー 青掛けると… 黄色が緑でグレーが青…になると」
お、いけるんじゃないかい?
金曜日とはいえ、いつもは夜染物するなんてできない相談ですが、
きのうは自分の時間で使えたので、早速実行です。
でこんな感じに染め上がりました。
黄緑と青がいい具合に絡み合い奥行きのある物に変身。
南国の海の色のようです。
三分の一くらいが黄緑が勝っていて、のこりは青が勝っています。
細〜く紡いだ糸もふわっといい感じです。
よしよし、いい物ができたぞ。

昨日金曜日の工房では草木染めをしてきました。
先生の手持ちの材料の中から私が使ったことなくて
媒染して色が好きそうな物。
栗の鬼殻。
これを煮出して染液を作り、それに原毛入れて
色をつけるところまでやってきました。
そのまま冷めるまで置かなければいけないので、
次の日最低限やらなきゃいけない事は先生にお願いして、
来週はその原毛を銅媒染します。緑がかった茶色になる予定なんだけれど。

次は3色のストールをやり始めます。

健康診断で胸部レントゲン撮って、それを見ながら医師が
「背骨曲がってない? ほら、左に少し」
「背骨が左に曲がってるから、これには写ってないけど
頚椎が右に曲がってバランスとってるはずだよ」
ギョギョ 長年胸部レントゲン撮ってるけれど初めて!
「ああ、運動してないのね。もっと年取って骨が潰れると
これだといろいろ支障が出てきますよ。曲がったのは
なかなか治らないんだけどね…原因? まあそうね
若い時からの癖とか」
な、な、な治らないんですか!(いや絶対そんな事ない! はず。)
穏やかな医師はニコニコしながらソフトに話をすすめます。
「まあ、せいぜいカルシウム摂って、運動して、検診も
定期的に受けてね。」
と話は終わりました。
ちょっと前から「同じ足ばかり組むのまずいな」と思っていたのは
なにかのお告げか!
でもそれでいろいろ合点がいったのであります。
右頭部後ろの頭痛が頻繁にあること、右耳が耳管開放症気味
で不調が半年1回ほど出ること(ストレスで出ることが多いと
言われたけれど、ストレスなんてないんだけどなあ〜と思っていた)
歯科検診で舌が曲がってるって必ず言われること、などなど。
おお〜解決してないけど、解決しちゃった気分。
昔から足組んでいたけれど、いわゆる加齢による筋力の衰えで、
支えられなくなってるってことですね。
なんかすごいな〜体って。繋がってるんだよね全部が。

反省して、足組み癖止め、骨盤の傾きを治す体操、筋力をつけるため
体動かすこと(最低限でよし) やり始めました。
今日母に「動かなすぎよ。ほんと少し運動したほうがいいわ」
と言われましたわ。恐れ入りました…

(は)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。