cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年11月
ARCHIVE ≫ 2014年11月
      

≪ 前月 |  2014年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

宣伝

商品アップをして間もない ある日の夕食の時の会話。

私 「ねえねえ、私達がやってるサイトに,
もっとお客さんたくさん来て欲しいと思っているんだけど
ツイート してくれない?」

息子「 うーーーん いいけど…」

私 「あんなに沢山フォロアーがいるんだから、
そのうちの10人くらいは、お母さんに伝えて
くれるんじゃないかなあ、だめかなあ」

息子「自分ですればいいじゃない」

私 「だって私の周りにやってる人あんまりいないから……」

息子「フェイスブックは?」

私 「好きじゃないからやってない。だいたいそんなに
万人に向かってつぶやくことなんてないしさあ、
個人のことでしょっちゅう発信する必要ないんだよ」

息子「じゃあ、お父さんのフェイスブックで宣伝してもらえば?
お父さんのフェイスブックはお友達の数大変なことになってるよ」

私 「お父さんそういうの面倒くさがるし、まして家族のことを
書く人じゃないよ」

息子 「どんなサイトだっけ」

見せる

息子 「ふ〜〜ん。 年齢層が高そうだね。(ツイートして)みんな
親に伝えるかな………」

私 「でね、このブログにたくさんあなたのこと書いちゃってるのよ」

息子 「‼️ ダメダメ それじゃ絶対ダメ」
「だいたい頼む順番間違ってるでしょ。あれもダメ
これもダメ、あれも、これもしてない。
何にもしないんじゃ進まないよ。」

お説ごもっともでございやす。
負うた子に教えられ。それはちょっと前までの私の台詞でございやす。
世代交代。

息子 「ほぼ日に宣伝してもらえば?」
私 「❗️❓@&¥£€$%#%#**!」(←当てはまる言葉をいれよ)

でもあれだね。 ブログの内容は、自分の大ダコ騒動記だって
わかってるんだね。

それで、一応夫にフェイスブックのこと聞いてみたら、
私の想像通りで、ほとんど管理してないと。
やっぱりね。
これからは心を入れ替えてやろう!
とか返信が来るも、
口だけだし。と切り捨て。

また書いちゃった。
いいやね。ツイート実現してないしさ。

( は)

スポンサーサイト

ピンの店

いって参りました。ほぼ日のTOBICHI.
そして購入してまいりましたとも。

赤いピン


黄緑のガラスピン
(ピンが乗っている箱は店のものではありません)
 
好きな色が見つかって、もうそれはニマニマしながら
帰ってまいりました。

一緒に行った母も、選択肢がたくさんあると
必ず「わかんなくなっちゃったわ。もういいや」
が口癖なのですが、「好きな色を選べばいいのよ」
とのアドバイスが功を奏し、すんなり紫系のピンを
選んでいました。

今でも、出しては眺め ウフフ。仕舞う。
を繰り返しております。
最初はどんな場面で使おうかな〜

(は)

先輩のタータン

先輩のタータン のコピー

完成いたしました。
大きいのに(78×195)軽くて、完成度は高いです。

結婚当初に先輩宅にお邪魔した時
今はイギリス人としてUKに住んでいるけれど、
先祖は元々スコティッシュだという言葉に
ちゃんと歴史を知っていれば、もっとまともな
会話がなりたったであろう昔のことが思われます。
先輩ご自身が、そういった事柄に、興味や思い入れが
あるかどうかわかりませんが、ぜひD氏(先輩の夫)の感想や
反応を聞かせて欲しいなあ。


(は)

くびまきピン

ほぼ日のTOBICHIで、14日から3日間だけ
とめるショップオープンですって。
かわいいのやら、私の好きなshinoさんのビーズのやら
きれいなガラスを組み合わせた、大人なものやら…
なんて素敵なんでしょう〜
ほっしぃ〜
ここはちょいと見に行って、それに合わせてまた織るもの考えるか。
むふふふ 楽しい

あ、先輩のタータンストールはさっき完成しました。
仕上げしたらまた写真載せますので見て下さい。


(は)

締め切り その2

ええと、この首の締まり具合の原因はですね、どの仕事もちょっとずつやり残しがあって、完全に終わっていないからだなと、自己分析いたしまして、やっと自分の尻に自ら火をつけました。

と、折も折

作りためた商品にまずタグを付けて
アイロンがけして、魅力を引き出す写真撮影の為の小道具も
準備しなきゃね~
なんてゴソゴソやり始めたらですね・・・

あれ、これ(この春くらいに織った物)
こうするとシャネルスーツのご婦人的な
面白いバッグになるねえ。
どれどれ・・・
ああ、ここにこんなモチーフ付けて?
おお、久しぶりにバッグ、いきますかね。
もう火がついてるので、大丈夫。
全部一気呵成に終わらせまっす!

バッグ表側の製作をしながら、内袋用の
生地を注文、表が完成する頃にはそれが手元に届き、
思惑通りの生地だったので
あっと言う間に完成です。

さあ、写真撮影。
小道具も揃え、撮影環境も考え、設え、
一番の問題はカメラなんだけれど、
よっし、やってみましょう!
一番光がいいのが階段上の踊り場かなあ
と考えていたので、そこをスタジオにしたのは
結果良かったのですがね~
夢中になって階段を踏み外す、背中から
落ちる、何てことにならないように
常に気をつけながら半日。
ああでもない、こうでもない、
もう一回だ、またダメだ を繰り返したら、
ああた、も〜ガックリ疲れ、足腰にまで来ましたわ。
でもこの写真撮影はいつもハードルが高いので、
これが終わって一気に仕事が完結した感じです。

娘の一眼レフ(単焦点レンズも)を借りての撮影もしてみて、
「欲しい!一眼レフ」のオマケも付きました。

次は民藝館展のラグ4枚の仕上げと
搬入(発送)。これもザックリと撮影して、
全体確認し必要な物を付けて送り出し、
郵便局での手続きも済ませ、
はい、おしまい!

あとは掛け布団のカバー作りだね。
とにかく大きいから大変というだけで、
全部直線縫いだからね。
ずれ防止のホックをリボンに付けて
それを一緒に縫い付け、ファスナーはやめて、
洋服のように真ん中で打ち合わせて、
ボタンで留めるようにして。
はい、完成でございます。

あゝ 終わりました。

これから、12月搬入の羊パレット公募展の
カタログのための作品撮影に入ります。
ちょっと時間に余裕がありますね。

そうそう久しぶりにバッグを作って、
こちらも火がついたので、先生の工房では
バッグ用の生地を織ることにしました。

先輩のタータン
もちろん 進んでまっす。

果てしなく続く物作りでございます。

そんなこんなで作った物たちが近々
プレビューされます。
どうぞお楽しみに。

写真は去年製作したラグの完成直後の写真です。
おまけでお楽しみください。
ノッティングマット


夕日色マット

(は)





締め切りー

10月終りが自分の締め切りだ。

日本民藝館展。これは搬入が11月初め。

カフェダプレミディの新作アップが11月初め。

京都で来年2月にある羊パレットという公募展、
これの搬入が12月初め。

この3つはどうしても間に合わせなきゃいけないもの。

あとは、イギリスに住む先輩の嫁ぎ先の名を冠した
タータンのストール。以前コラムにも書いたのですが、
準備はほとんど出来ているのに、その度に違う物を
機にかけてしまい…
先輩! クリスマスにはお手元に届くよう努めます!
これも次にちゃんとしたいこと。

うううううーーー 首が絞まってきたぞ。

あとは、家人の冬用の掛け布団を超ロングで幅の広い物に
仕立て直しをしたら、暖かカバーのサイズがなくて、
仕方なく自分で作ることにしたので、
これも寒さが本格的になる前にやらなきゃ。

あああー
あれもあったわ。
庭木の剪定。
特に、蚊がいるから 嫌だなあ~ってスゴく長期間
ほっといた家の横と後ろ。

いかん いかん いかん。

好きな事で手一杯だというのに、当然だけど、
からだが積極的に動かないこともどんどん溜まる。
どどどうする
大丈夫ーーーか?

10月も10日を切るかという時のわたくしの首の締まり具合。

つづく

(は)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。