cafe column  カフェ コラム

cafe d apresmidi のブログです♪
| top | about | concept | profile | order | link | back no | shop | shop s |
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
      

≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

雪かき

都心と違ってここら辺の積雪は30センチはあったな。

雪かきだわ。
去年の雪かきを思い出して、一日中続く吹雪を眺めながら
「明日の雪かきはどうなるかな」と心がにんまりとするのを
押さえられませんでしたわ。

去年、息子に雪かきを頼んだら、ほんとにだるそうに出てきて、
いっやそうに作業を始めましてね・・・
ほどなく隣のご主人が出てらして、斜め向かいのおじいちゃんも
参戦。黙々と着実に、しかも徹底的にきれいに雪かき作業が
続いたんです。ちゃっちゃと家の前だけで終わらせようという
こころづもりだった息子は、あきらかに引っ込みが
つかなくなったと思われ、(なんと言っても一番若いしね)
延々数時間の作業を終えて戻って来た時には
大きなため息ついてました。私はその様子を窓から見ていて
可笑しくて、もうたまらん状態だったのです。
そして自宅前どころか、すっかり道はきれいに除雪され、前の
家の奥さんに感謝されたのです。

「明日は雪かきお願いね」と頼むと「おお」と息子。
自分の仕事と認識できているのは、成長でありますな。

さて、すっかり天気は回復し、朝から向かいの奥さんが
雪かきに出てらしたので
「昼から息子を投入しますから〜」
「あら〜お任せしていいのかしら〜」

斜め向かいのおじいちゃんは、雪かきが気になって
今年も出てらしたのだけれど、お嫁さんに「○○にやらせるから
いいのよ。やめて」と止められて、すごすごと
家の中へ。ああ〜 去年頑張りすぎて、後が大変だったのかな
と想像するも、ちょっとやりたい気持ちがあるんじゃないかなあ
なんて思ったりして。

息子は昼過ぎないと起きてきません。ザックザックという
近隣の雪かきの音に、そういうことは一切しない家人が、
超しかたなく動きだし、その後は「頑張った、ああ、頑張った」と
吹聴するする。
「早くしないと雪がなくなるぞ!」とか言って息子を
起こしたりするところは、まったくもって・・・

今年は準備万端の服装で登場の息子は、筋トレの甲斐があって
まったくへたばることもなく、余裕の雪かきでありました。

姉のバイクがじゃまだというので、
「じゃあ埋めちゃえば」と私。
「ほんとに埋めちゃまずいから〜
 そうだ、雪だるまがバイクに乗ってて、下の方は
 鎌倉みたいに 囲ってみたらどうかな」
「ダメ? ああ、バイクの座席はすべって雪だるま落ちるかあ。
 じゃあ、囲うだけね」
「雪だるまは、その門灯の隣にのせてみたら」
「目と口と手、どうだ!」(息子iPhoneでそれを撮影)
「ねえねえ、最後 水まいて、このデッキブラシかけると
 すっかり雪がとれるよ。カーリングだ」
といろいろな私の提案に息子も適当につき合っていたら、
うちだけ遅れをとってしまい、ご迷惑をかけそうだったので、
私は退散。最後までやった息子は、今年も向かいの奥さんに
100ペんくらいお礼を言われ、雪かき終了とあいなりました。

ああ、楽しかった。
私だけかもしれんがね。

(は)





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。